8:30出発で香港科技大学へ。ここは1991年にできたらしく、割と近代的な建物だったっす。気分的にはクイーンズスクエアの巨大版を歩いている気分。会談はそこそこで、ほとんどは大学の見学。スマートカードを携帯電話にさしたりとか、認証に使ったりしてた。あとはMicroMediaのFlash使ったWeb教材とか。上海でもみたから、Flashって流行っているんだろうか。昼食を香港科技大学でご馳走になる。デザートの砂糖豆腐(名前忘れた)は結構おいしかった。

次にCCT Telecom Holding Ltd.を訪問した。今回初の企業訪問で、僕が書記担当。相手の社長さんはやたら忙しい人らしく、30分くらいしか会談しなかった。あんまり聞き取れなかったので、書記としては最悪だ。パンフレットを貰ったので、ビデオテープ見ながら編集しなきゃ。

一旦ホテルに戻ったあと、香港見学に行く。ケーブルカーに乗って、展望台へ。香港の高層ビル群は上から見ると結構綺麗っす。地震がないということはいいことだ。しかも、あの高層ビルって2〜3階は竹で出来ているらしい。すげぇ。竹の組み方で、工事を担当している建設会社がわかるそうだ。そのあとは、地下鉄に乗って電気街へ。道端にはあやしいジャンク品がたくさんつみあげてあった。中央電脳市場というところに入る。田中さんが換えのVAIOのACアダプタを買っている間、品物をいろいろ見ていたけど、さすがにいけないものがたくさんありますな。なんか、DVDをVCDにしたものとか、あからさまに焼いてあるものとか。

明日は徳田先生と西岡先生が先に日本に帰るということで、みんなで夕食を食べた。海老の紹興酒焼きを実演してもらったのだが、
焼いている人が、一匹床に落ちたのをすぐさま机の下に蹴っとばしたのを、山根さんと僕は見逃さなかったぞ。ここでもやはり紹興酒を飲みまくる。事務長から、めぐさんは学生時代はものすごく美人だったということを聞く。それはそうだろうなぁ。いまでも年相応の気品さがあるもの。
写真みてみたい。

ホテルに戻ると、西岡先生が香港ドルが余っているからカクテルでも飲もうというので、ロビー近くの生演奏をやっているところで飲む。
コンピュータやるなら、もっと数学の基礎知識を身に付けないとダメとか、いろいろ雑談。いまはオートマトンの勉強したいなぁ。

コメントを残す