前のPHSのデータと適当に作ってあったアドレス帳の中身をPalmDesktopにひたすら入力。VISORにデータをSyncしたあと、NoM502iでVISORからNM502iに赤外線でデータ移行。なんて便利なんだ。ただ不便なのは、VISORに付属のクレードルがUSB版しかなく、
これがWin2000に対応していないこと(開発中とは書いてあった)。

最初赤外線でノートPCとSyncできると思っていたのだけれど、これはPalmOS3.5からで、VISORの3.1Hではできないらしい。今はとりあえずWin98から使っているけど、Win2000やFreeBSDでも使いたいし、主な目的であるMHCとの同期をするためにも、シリアル版のクレードルを買おう。

コメントを残す