まず接続場所のチェックです。ito33’s fotolifeにも参考写真があります。

Dドライブ
裏蓋内のDドライブです。
ZIF
Dドライブを外した後、ニッパーで邪魔な部分を削り、ZIFを見えるようにしました。こうすることで全部分解する必要はない、はずでした。
ZIFケーブル
ZIFケーブルとコネクタ、SSDを接続。これらは非常にデリケートで壊れやすい部品らしいので、慎重に扱う必要があります。
Mtron SSD
SSDを1.8 inchの場所に収納しました。

しかし、起動してみると、SSDもCドライブもBIOS上で見えなくなりました。ネット上の書き込みでCドライブとも干渉するかもしれないとのことなので、緊急レポート! EeePC 901分解レポートNo3を参考に、一度全部分解して見ることにしました。分解の仕方はしました。キーボードを外すのに少し苦労しましたが、基本的にはノートPCの分解に慣れていればできます。

マザーボード
マザーボードです。

結論としては、ZIFの挿し方が変で認識されていなかっただけで、元のCドライブもSecondary slaveとして認識可能です。というわけで再度分解しましたが、二度目は簡単にできました。全て終了後、SSDの裏を両面テープ、表をセロハンテープで固定しました。裏蓋閉めているとそのままでも結構固定されているようにも見えますが、念のため。

コメントを残す