Unix的小ネタも時々書いていこうと思います.

Sambaによるファイル共有は,Windowsクライアントが多い環境ではよく行われていると思うのですが,セキュリティ上接続が許可されているネットワークは限定されています.もし外部からも扱いたい場合は,VPNではなくても,SSH Portforwardingで手軽にできます.しかし,Windowsクライアントは既に139番ポートを使っているので,そのままでは転送できません.そこでループバックデバイスを使い,そのポートとサーバ側のポートを繋ぐことで使えるようになります.Windowsには標準でMicrosoft Loopback Adapterというループバックデバイスがありますので,以下の手順で設定をします.

  • ハードウェアの追加でMicrosoft Loopback Adapterを追加
  • Microsoft Loopback AdapterにIP: 169.254.xxx.1, Netmask: 255.255.0.0を設定
  • PortForwarderやPuTTYなどで169.254.xxx.1の139番ポートを転送するように設定

詳細は以下のページが参考になります.

コメントを残す