以前Evernoteで名刺管理というのを書きましたが,未だに名刺管理については悩んでいます.ScanSnap の Mac 版には CardMinder という名刺管理ソフトウェアが付属していますので,試してみました.

日本人名刺の認識は結構まともで,名刺のレイアウトが一般的でないものでも,携帯電話番号は携帯電話の項目にいれてくれたりするようです.細かい誤認識は結構あるので,確認しながら修正するのに結構手間がかかりましたが,全部入力するよりは明らかに楽です.それに対して外国人の名刺には,英語の認識がないので余り役に立ちませんでした.一番困った名刺が中国人の名刺で,中途半端に日本語の漢字にしてくれたりするので,結局英語で入れ直したりしました.

CardMinder の特徴として,Macのアドレスブックとの同期機能があります.最初はCardMinderとアドレスブック間での重複が発生しましたが,重複を解消した後は綺麗に同期できるようになりました.アドレスブックは iPhone の連絡先とiTunes経由で同期できるので,取り込んだ名刺データをiPhoneで使うことができるようになりました.

iPhoneの連絡先は最初から氏名50音順+アルファベット順になっていて,右のインデックスをなぞると各行に移動できるので,使い易いです.もちろん検索もできます.しかしMacのアドレスブックは,カードの並び順がバラバラのままで並び替えできないため,大変使いにくいです.Appleはおそらく検索(+スマートグループ)で使ってもらうことを想定しているのだと思いますが,これをそのまま使いたいとは思わないですね.

また,CardMinderで取り込んだ名刺の画像をiPhotoに書き出すこともできます.これを利用すると,名刺の画像をiPhoneで一覧することができます.私は試しにiPhotoに”名刺”というアルバムを作り,そこにCardMinderからiPhotoへ書き出した名刺画像をまとめて,iTunes経由で同期してみました.iPhoneの写真で見てみると,画面サイズが名刺より少し小さい程度なので,綺麗にみることができます.但し検索はできないので,名刺が大量に入っていると目的の名刺を探すのが困難でした.実用性はあまりないかもしれません.

コメントを残す