さくらインターネットからSharkSpaceに移行するのに一番の問題がMySQLでした.MySQLは4.0と4.1とで文字の扱いが大きく変わっています.また,MySQLの文字の問題は環境によって様々なケースがあり,これをすれば良いという解決方法がありません.きちんと現状を把握して,それぞれの環境に合わせて解決するしかありません.詳しくは日本MySQLユーザ会のWikiを参照してください.ここではMySQL-4.0, 3.X を現在運用しているひとは原則今のままキープ,と言われてしまっています.

色々試行錯誤の結果,私の場合は,”さくらのレンタルサーバで MySQL 4.0 から 5.1 へ移行した記録”が参考になりました.以下に手順を書きます.

まず,私の場合,MySQL4.0の設定はujisでしたが,データ自体はutf8にしていました.そのため,データをそのまま取得する必要があります.そこで,敢えて5.xのmysqldump を使い,–default-character-set=utf8を指定することでうまくいきました.mysqldump-4.0はutf8に対応していないため,5.xのを使う必要があります.実行時に一つ文句を言ってきましたが,問題はないようです.

$ mysqldump --user=user --password=pass --host=db --default-character-set=utf8  dbname > dump

次にdumpファイルの中に記述されている以下の行をsedなどで全部除きます.

SET @saved_cs_client     = @@character_set_client;
SET character_set_client = @saved_cs_client;

その後,dumpファイルの最初に以下の行を加えました.これでdumpをリストアするときの環境をutf8にしてくれます.

SET names utf8;

ここまで準備できたら,SharkSpaceのcPanelでデータベースの設定をします.cPanelは日本語化されているのでやり方はすぐわかると思います.Panel内にデータベースの項目がありますので,そこでデータベースとデータベース用ユーザを作成し,ユーザに権限を与えれば良いです.データベースはusername_hogeというデータベース名であればいくらでも作れます.

また,phpMyAdminで作成したデータベースを選択し,操作 -> 照合順序のところで utf8_general_ci を選択しておきました.

最後にsshでアクセスして,mysqlコマンドでリストアすればOKでした.

$ mysql --user=user --password=pass --host=host dbname < dump

Comments are closed.