念願のiPadを昨日手に入れたので,色々いじっている最中です.最初の印象はやはり”でかいiPhone”でしたが,色々触ってみると面白いです.

まず,Photosがかなりいいです.iTunesがiPadとの同期の際に,写真をiPad用に変換してくれます.この作業のために最初の同期に時間がかかるのですが,おかげでかなり綺麗に写真をみることができます.また,ScanSnapで取り込んである名刺のビュアーとしても良いですね.

iPad用アプリとして良くできていると思ったのはBloombergやBBCなどのニュースサイトのアプリです.ここらへんの人々は気合い入れて作っているようです.日本のメディアもそうなるといいんですが.

また,書籍やコミック用のアプリも純正のiBookをはじめとして色々あるようです.iBook,FreeBook, Comics,Cloud Readerを使ってみましたが,視認性は悪くないです.というか普通に読めます.正直ハードはもうこれでいいじゃんと思ってしまいました.今更ハードウェアから議論せずに,Googleのように各デバイス対応の市場を作るというアプローチのほうが正しいと思いますね.

iPad用アプリケーションはユニバーサル版(iPhone/iPad両用)とiPad用に別版が作られている場合と二通りあるようで,有料版は改めて買わせるために分かれている場合が多いようです.また,一部のアプリケーションはUSのApp storeアカウントがないと手に入りません.具体的にはApple純正ソフトのPages, Keynote, Numbers, iBookとAdobe Ideasです(他にもあるかもしれません).iBookを使うだけのためにでも,USのアカウントを取得したほうが良いです.私は"$ドルのギフトカードを買う方法 アメリカiTunes Music Store(iTMS) USで自由気ままに洋楽を買う法"を参考に,eBayで購入して作りました.

現在Evernoteのoffline syncをしているのですが全然終わりません.Evernote自体既に2年以上使っていて,それ以前のデータも全て変換して入れてあるので,流石に詰め込みすぎなんでしょうかね.ちゃんと使えるようになったらレポートします.

"Apple iPad 総合まとめWiki"は参考になりました.現状一番情報が集まっているのは2chの各種iPadスレだと思います.

Comments are closed.