Twitterを見れば分かるとおり最近RDF Storeの調査をしているのですが、その過程でOntoWikiを使おうとして色々嵌っているので、ログを残しておきます。現在Ubuntu10.04での動作を確認しています。

Virtuosoのインストール

Open Link Virtuosoは複数のデータ形式を統合して扱えるデータベースです。RDF Triple/Quad Storeとしても使え、SPARQLにも対応しています。Open Source版とClosed Source版があり、Closed版ではClusterやSnapshoなどの追加機能があります。ここではOpen Source版を使います。

まずVirtuoso Open Source Editionのインストールです。Ubuntuのrepositoryにあるのが6.1.0で、これだと最新のOntoWikiが不具合起こすので、debian squeezeから最新のソースパッケージ持ってきて再構築しました。


$ wget http://ftp.de.debian.org/debian/pool/main/v/virtuoso-opensource/virtuoso-opensource_6.1.1+dfsg1-1.dsc
$ wget http://ftp.de.debian.org/debian/pool/main/v/virtuoso-opensource/virtuoso-opensource_6.1.1+dfsg1.orig.tar.gz
$ wget http://ftp.de.debian.org/debian/pool/main/v/virtuoso-opensource/virtuoso-opensource_6.1.1+dfsg1-1.diff.gz
$ dpkg-source -x virtuoso-opensource_6.1.1+dfsg1-1.dsc
$ cd virtuoso-opensource-6.1.1

再構築に必要なパッケージをインストールします。

$ aptitude build-dep virtuoso-opensource
$ aptitude install quilt fakeroot

変更点はbuild formatを変えるだけです。changelogとかもそのままでbuildします。

$ echo "3.0 (quilt)" >debian/source/format
$ debuild -us -uc

ライブラリが足りなければ適宜インストールしてください。もし問題がなければ、上のディレクトリに*.debができているのでインストールします。インストール時にデータベースのパスワードを聞かれるので設定します。

$ dpkg -i ../*.deb

次のコマンドで問題なく起動できればインストール完了です。

$ /etc/init.d/virtuoso start

ODBCの設定 (要確認)

NOTE: この設定は必要ないかもしれないので要確認

まずodbcinstをインストールします。

$ aptitude install odbcinst odbcinst1debian1

その後、/etc/odbcinst.ini,odbc.iniを以下のように作成します。

- /etc/odbcinst.ini
[virtuoso-odbc]
Driver  = /usr/lib/odbc/virtodbc.so

- /etc/odbc.ini
[ODBC Data Sources]
VDS  = Virtuoso

[VDS]
Driver  = virtuoso-odbc
Description  = Virtuoso Open-Source Edition
ServerName  = localhost:1111

[VOS]
Driver  = /usr/lib/odbc/virtodbc.so
Description  = Virtuoso OpenSource Edition
Address = localhost:1111

OntoWiki

OntoWIkiはRDF用の閲覧・編集環境です。CMSと言ったほうがいいかもしれません。

とりあえずphp5とapacheの基本的な設定をしておく必要があります。解説を書いている方がたくさんいるので、やり方はググってください。一点追加で必要なのが、php5-odbcのインストールです。

$ sudo aptitude install php5-odbc

php5とapacheをインストールしたら、InstallFromMercurialに書かれている通りに、レポジトリから最新のソースをインストールします。

$ cd /var/www
$ hg clone https://ontowiki.googlecode.com/hg/ owrep
$ cd owrep/ontowiki/src/libraries
$ ln -s ../../../erfurt/src/Erfurt .
$ ln -s ../../../RDFauthor .

$ wget http://framework.zend.com/releases/ZendFramework-1.9.4/ZendFramework-1.9.4-minimal.tar.gz
$ tar xvzf ZendFramework-1.9.4-minimal.tar.gz
$ mv ZendFramework-1.9.4-minimal/library/Zend .
$ rm -rf ZendFramework-1.9.4-minimal.tar.gz ZendFramework-1.9.4-minimal

$ cd /var/www/owrep/ontowiki/src
$ cp htaccess-dist .htaccess
$ cp config.ini-dist config.ini

次にUsingOntoWikiWithVirtuosoを参考にconfig.iniの設定をします。

[private]
store.backend = virtuoso
store.virtuoso.dsn = VOS
store.virtuoso.username = dba
store.virtuoso.password = dba

その後OntoWikiに必要なディレクトリ作成します。


$ mkdir cache log uploads
$ chown www-data:www-data cache log uploads 

Apacheの設定をします。そのままトップに置くのなら/etc/apache2/sites-enabled/000-defaultのDocumentRootと該当Directoryを変更します。

DocumentRoot /var/www/owrep/ontowiki/src
<Directory /var/www/owrep/ontowiki/src>

Apacheを再起動した後、http://localhostにアクセスしてください。問題なければOntoWikiが表示されます。ユーザ名 Admin パスワードなしでログインすると管理画面になります。

Conference Model Demo

FirstStepにConferenceデータのデモの作り方がかかれています。注意する必要があるのは、もしlocalhost以外で動かす場合、Google Maps API Keyの設定が必要です。API Key取得ページで生成した文字列をontowiki/extensions/components/map/component.iniに設定します。

- ontowiki/extensions/components/map/component.ini
apikey.google = "生成した文字列"

3 thoughts on “Virtuoso+OntoWiki

  1. ODBCのところはVDS,VOS共に同じこと書いているように見えるのでそこも要確認

  2. /etc/odbc.ini に以下だけ書けばよさそう./etc/odbcinst.iniは空でOK.

    [VOS]
    Driver = /usr/lib/odbc/virtodbc.so
    Description = Virtuoso OpenSource Edition
    Address = localhost:1111

  3. – /etc/virtuoso-opensource-6.1/virtuoso.ini
    DirsAllowed = ., /usr/share/virtuoso/vad, /tmp, /var/www/ontowiki

    を設定するのを忘れずに.

    – /etc/odbc.ini
    [ODBC Data Sources]
    VOS = Virtuoso

    [VOS]
    Driver = /usr/lib/odbc/virtodbc.so
    Description = Virtuoso OpenSource Edition
    Address = localhost:1111

Comments are closed.