すでにEbookは販売されているのですが,O’reilly MediaからLearning SPARQLという本がでています.紙は7/22からのようです.一通り読みましたが,今のところ唯一のSPARQL解説本ですし,SPARQL1.1の細かい内容まで含んでいるのでお薦めです.セマンティックWeb プログラミングではSPARQLの話は少しでてくるだけでしたが,この本が補完してくれます.

既にWeb上では,SPARQLを使うことで政府データや音楽データ,生物データなどの多種多様なデータにアクセスできるようになっています.単なるWebAPIと異なるのは,SPARQLを一度覚えることで,SPARQLに対応しているサイトであればどこでも同じ仕組みでデータを使えるということです.他には複数のサイトからデータを取得してマージするときなどにメリットがあったりします.

日本でもすでに国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス (Web NDL Authorities)DBCLSのAllie: A Search Service for Abbreviation / Long Form,我々のプロジェクトであるLODACなど,SPARQL Endpointを持っているサイトがでてきています.これらのデータを使うためにSPARQLを勉強するには良い本だと思います.

ちなみに今週末開催の第2回LinkedData勉強会のメインテーマはSPARQLです.SPARQLに少しでも興味がありましたら是非ご参加ください.

Comments are closed.