昨年市川市に引っ越してきてからCode for Ichikawaをやるのはどうかという話をしていたのですが、今年10月に色々な縁があり、とりあえず有志ではじめてみることになりました。最初の活動内容としては、個人的に行っていた5374 市川版のメンテと、複数のメンバーが興味を持ったウィキペディアタウンということにしました。5374については、codeforichikawaのレポジトリに移行中です。

もう1つのウィキペディアタウンについては、昨日11月3日に第1回ウィキペディアタウン市川と銘打って開催をしました。真面目な開催報告はCode for Ichikawaのサイトに書きましたのでこちらは個人的な感想を書きます。

間に神戸の国際会議運営があったために準備期間が短く、かなり苦労しました。対象を何にするかが一番悩みました。観光雑誌に載っているような有名スポット、例えば市川市の神社仏閣だと葛飾八幡宮法華経寺弘法寺とかは当然のようにウィキペディアにエントリがあります。ウィキペディアタウンをやる上では新規エントリ作成が満足度が高いと伝え聞くのですが、
会場の周りでまだエントリがないけど現地調査楽しめそうで参考文献も見つけられそうなものとかいう制約条件を充足するものを探そうとするとはまります。今回は会場が先に市川市文化会館に決まったので本八幡周辺で探すことになりました。調べていると市川市役所の神社にある「市内で神主が常駐しているのは葛飾八幡宮、白幡天神社の2社」という記述を見つけたので、これはきっと記事にできるくらいの何かがあるだろうという当たりをつけて、市川駅南口図書館にリファレンスをお願いしつつ自分でも調査をしました。

菅野から真間あたりは文学者ゆかりが多いようなので、文学者を中心に見るということをしたところ、幸田露伴・文親子や永井荷風が近所に住んでいて云々とかそこそこ面白いエピソードが見つかったのですが、肝心の神社自体の歴史があんまりよくわからずどうしたもんかなとおもっていましたがやはり図書館側でも神社自体の記述はそんなに見つけられなかったという話でした。勉強になったのは、ここら一帯は昔葛飾郡だったので、葛飾ほげほげという資料が色々役に立つということです。今後のウィキペディアタウン市川でも活用できるでしょう。

また、柴田是真の連句が千葉県指定文化財になっているとのことで、内覧をお願いできないかとおもっていたのですが、電話で問い合わせたところ、普段は可なのですが丁度七五三で11/15までは無理ですと言われてしまいました。完全に七五三とか失念していましたが、日を改めて個人的に見てこようとおもっています。可能なら撮影も。

総じてかなり事前準備が大変で当日までかなりやきもきしましたが、白幡天神社の調査がこちらの想像以上に参加者の方々に興味を持っていただけたようでその点が良かったです。執筆のほうも楽しんで頂けたようです。市外からいらっしゃってサポートや執筆ガンガンして頂いたウィキペディアンな方々や資料用意して頂いた市川駅南口図書館の館長さまにはお礼申し上げます。

無事終わった後の焼き鳥は美味しかったです。ウィキペディアタウンは継続して行っていきたいので、次の手を考えていこうとおもいます。

おまけですが、白幡天神社と併設の白幡天神公園について、OpenStreetMapでラベル等の項目追加をしました。OSMは正直まだアカウント作ったばかりで不慣れなのでこう直せとかマッパーの人優しく教えてください。とりあえずその項目ISO codeだよと直されているのは確認しました:)。市川市全然書き込みが足りていない感があるのでマッパーの方のご参加もお待ちしておりますというかOSM書く会もやれると良いですね。

この投稿にタグはありません。

オープンデータ活用コンテスト___未来とメトロ___東京メトロ 10th anniversary

以下はFacebook上での議論をまとめたものです.

東京メトロさんは以前から”オープンデータ”を行うという宣伝をしていたのですが,昨日やっと概要が公開されました.企業がオープンデータを出してその活用コンテストも行うというのは大変素晴らしいことで,何より多くの人が興味を持ちやすいデータですので是非応援したいし,できれば何かアプリを作りたいなとも思っています.

しかし,現在の応募規約について様々な疑問がでており,これはオープンデータではなく単なるAPIコンテストになっているのではないかという懸念があります.ちなみにこの規約のページは何故かPCのブラウザからは404 Not Foundですが,スマフォのブラウザからは見られるようになっています (PCからもヘッダ変えると見られます)

上から順番に見ていきますが,まず,“応募作品は、応募者が考案・開発したものであり、全ての著作権を有しているものに限ります。”とありますが,オープンデータを活用するのが前提である以上,データの部分の著作権は応募者が有していないことが殆どであるかとおもいます.ソフトウェア部分の著作権について述べていると解釈するのであればわかります.(追記: ソフトウェア部分もオープンソースのライブラリ等使ったら駄目ということですかね.)

次に“オープンフリーで利用できる他データの組み合わせは可能とします。(例、twitter API、yahoo API、など)”とありますが,オープンフリーの定義がわかりません.例として挙げられているtwitter APIやyahoo APIは少なくともオープンデータではありませんので,オープンフリーが何を指すのか明らかにして頂かないと応募者はわからないのではないでしょうか.

3つ目として,これが一番重要ですが,“応募者は、データ等を本コンテストへの応募作品の開発及び本コンテストの応募以外の目的で使用してはならないものとします。”とあります.オープンデータと謳うのであれば,このような目的外利用の制限はおかしいです.“応募者は、データ等及び本コンテストへの応募作品を、有償か無償かに係らず商業目的には利用できないものとします。”というのも同様です.

繰り返しますが,試み自体は大変素晴らしいことですので,東京メトロさんには是非オープンデータという単語を誤用せずに正しく理解した上でコンテストを行なって頂ければと切に願います.

しばらく慌ただしかったのでブログを書けずにいました.twitterでは報告済みなのですが,新しいプロジェクトを始めるために4月末で早々に前職を退職し,5月中旬から別の職場に転職しました.Interop2010のW3Cブースにて概要を話しましたので,紹介代わりにスライドを貼っておきます.

同時期にW3CでもLibrary Linked Data Incubator Groupが始まりました.1年時限付きのグループで,既存の事例集めや要求事項まとめなどが目標のようです.このプロジェクトからも取り敢えず数名参加しています.しかし,一度標準化の世界に関わるとどこ行っても関わることになっているような気がしてこの世界狭いなと.

今日有志でSemweb&LOD勉強会を行いました.そこでとりあえず日本語で議論できる場所が必要ということになったため,Google GroupsにLinkedData.jpというグループを作りました.LinkedDataやSemantic Webについて議論したり開発したりする場になれば良いなと思っています.ご興味のある方は是非ご参加下さい.

The 2nd Interdiciplinary Ontology Forum in Japanというカンファレンスを2009年2月27日から2009年3月1日の3日間,慶應義塾大学三田キャンパス東館で行います.哲学分野のOntologyからセマンティックWebでのOntologyまで,広範囲な内容を扱う学際的なカンファレンスです.参加無料ですので,興味がある方は是非事前登録をお願い致します.

一昨日水曜日にCEATEC2008に行ってきました。
個人的に興味があったものを挙げます。

東芝のNB100は、性能的には既存のNetbookと変わりませんが、キーボードがEeePCなどと比べると打ちやすいと思いました。打ちやすさではHP2133がNetbookの中では一番ですけどあれは製品自体が大きめですし。しかし他社同様東芝も日本ではUbuntu版を発売されないようで。ヨーロッパでは売るのに。

Disk関連では、iVDRの展示が結構ありました。iVDR普及しないのではないかと思っているんですがどうなんでしょう。これからなのかしら。東芝のSSDコーナーにはそこそこ人がいました。

地味に面白かったのが紙暗号化関連の展示です。まだまだ制約が多いみたいですけど、用途はいろいろと思いつきます。結構質問したんですが、特許が云々とかわされること多かったです。

KDDIのブースで実空間透視なんちゃらの説明を聞いたら、同じようなこと一部昔やってたとなんだか悲しい気持ちに。キャリアは制約がなくていいですね。

DoCoMoのセパレート携帯は待ち時間30分近くということで触るのを諦めました。後噂のムラタセイコちゃんも混雑で遠目から少し見ただけです。