集合知プログラミング – Programming COllective Intelligence

この二日間、集合知プログラミングを輪講していました。この本、こんな名前ですが、要するにWeb上のデータを対象とした機械学習の入門書です。普通の入門書と違うのは、数式がほとんどなく、代わりにPythonのサンプルコードが大量にあることです。数式読むよりもプログラム読む方が理解しやすい自分には最適。実際、式はあってもそれを実運用のプログラムに落とし込むのは段階を踏む必要があるので、サンプルコードがたくさんあるのはありがたいです。

Pythonはほとんど触ったことがないのですが、結構わかりやすいですね。ライブラリの量はPerl未満Ruby以上のようなので、Python真面目に使ってみようかしら。インデントが意味を持つのはなかなか気持ち悪いですが。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。