私はずっとFirefoxをメインで使っていましたが,その大きな理由の一つがTomblooでした.以前ブログにも書きましたが,複数のウェブサービスを使っている人には大変役に立つアドオンです.Firefoxがメモリ2GBくらい占有して固まったりとかするのが日常茶飯事になってしまっていて,他ブラウザに移行したいなと思いつつも移行できなかったのはこれがあったからでした.

実はGoogle Chrome Extensionsには,TomblooのChrome版であるTaberarelooというExtensionがあります.しかし,Mac版のChromeではExtensionに正式には対応していなかったので使えませんでした.Windows版では既に試用しており,これが対応すれば移行できるのになと思っていました.

そんな中,やっと昨日の更新でMac版のChromeも正式にExtensionが動くようになったと聞きました.試したところ,Taberarelooもきちんと動くことが確認できました.というわけでしばらくの間Chromeをメインブラウザに指定して使ってみることにします.

まぁ皆さん盛り上がっているわけですが、自分も少し試しました。
各種ベンチマークでも出てますが、Javascriptの処理はかなり速いです。わざわざwebkitのエンジン使わずに別実装しているだけはあります。Google Reader, GmailなどはFirefoxより快適に見られます。ただ、PDF, Javaなど、外部
プラグインが必要なものは、やたら動作が遅くなります。Javaの場合、
全然開けませんでした。普段使っているとあるシステムがJava依存なので
これだとまだ使う気はしません。
タイトルバーがなくなって、タブ毎にアドレス兼検索バーがあるのは思い切ったデザインですね。確かにタブブラウザが当たり前になった今、こっちのほうが自然かもしれませんね。

結論としては、まだFirefoxから乗り換えるということはないです。Firefox extensionにかなり依存した生活をしていますし、まだWindowsのみですし。
Mac/Linux版が今後出た後は、Googleサービス専用ブラウザとして使う可能性はあります。プラグイン的な機能は実装される予定みたいですが、個人的にはFirefoxのextensionが直接読めたりするといいんですけど。