私もこんな本を書いてみたかったと思うような,とても感覚に合う本でした.実際,紹介されている項目の多くはすでに私も実践している内容で,それほど目新しい内容ではありませんでした.どちらかというと,iPhoneを使うとこんなに便利になるんだよ,と他人に紹介したくなる本です.全ての情報をハンドヘルドデバイスに集約して日々持ち歩くというのは,Palmを使っていたときからのある種の夢でした.それがiPhoneというデバイスで当たり前のように可能となったことがとても感慨深いです.

本書は,ScanSnapやDropbox,Evernote,タスク管理など様々な手段によってiPhoneに情報を蓄積し,それをどう活用するかということについてまとめてあります.まず気になった項目は,07.裁断機です.以前 ScanSnap を購入する際には,複数の人に”裁断機もセットで”と薦められました.実際 ScanSnap で 電子化するのに慣れてくると,分厚い資料もぶった切って全部pdfとして取り込みたくなってきます.現在研究室にある裁断機は10枚も切れないので,何十枚も切れる裁断機が欲しくなってきます.問題は置き場所ですが.

23. Evernoteで人脈手帳というのは,名刺管理の発展としても面白いなと思いました.確かに名刺だけではなく,各人の写真やWebページのクリップなどを一人一ノートとしてまとめておくと,次に会うときに見直せて良いです.私は人の名前覚えるのが苦手なのでなおさらです.

29. Bluetoothヘッドセットについては,以前Twitterでも薦められたので気になっていました.数年前にSkype経由の電話会議用にと購入したことはあるのですが,結局有線のヘッドセットに落ち着いてしまいました.

iPhoneの電話機能は,とても静かな部屋でないとまともに使えません.外で使用すると相手に何度も聞き返されるし,相手の声もスピーカーモードにしてやっと聞き取れるくらいです.付属のヘッドフォンを使うと良いようなので,現在こちらから電話をかけるときにはそれを使うようにしています.しかし,私はインナータイプのヘッドフォンが好きではないので,できれば耳かけのbluetoothヘッドセットが欲しいなと思っていました.探したところ,SONY BT140Qが良さそうなので,注文してしまいました.使用感などについては手に入れてから書きたいと思います.

30-31.のiPhoneと紙の手帳の使い分けも気になるトピックです.以前書いたとおり私も紙の手帳を併用していますが,iPhoneでどこでもGoogle Calendar Syncができるようになってからは,スケジュールを手帳に書き写すのが少し面倒に思えてきました.海外出張が少ないことや,フリック入力に慣れてきたことも影響しています.紙が必要でなくなることはないのですが,もっとシンプルなものでも良いのかもしれません.ここらへんは考え中です.

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

いつも Eclipse を使おうとして挫折するのですが,また頑張って使ってみています.一つ気付いたのは,大きいディスプレイで使うと快適で,使うきになるということです.

Eclipse の workspace を Dropbox で共有したらどうだろうと思い,試しに Robocode のプロジェクトを作ってみました.結果は,うまく動きません.私のようにWindows, Mac, Ubuntuと異なる環境で併用しようとすると,Windowsで作成したworkspaceはMacやUbuntuではうまく読めません.設定情報を.付きのファイル (.classpathなど)で管理しており,これが問題の一端になっているようです.他にも原因があるかもしれませんが,とりあえず workspace を共有するには向いていません.

同じOSで同じ設定をした状態だとうまくいくのかもしれませんが,素直に各プロジェクト毎にSubversiveMercurial Eclipseなどで管理するほうがよさそうです.

以前触れたとおり,私はDropboxをファイル共有に使っています.Linux版のDropboxはnautilusというGNOME用のファイルマネージャのアドオンとして作られているので,どの程度 KDE 上で動くか不安でしたが,今のところ問題なく動いています.

Ubuntu8.10用のソフトウェアをダウンロードしてインストールしようとすると,必要なライブラリも全部インストールしてくれます.または/etc/apt/sources.listに以下を書いてからaptitudeでインストールしても良いです.


deb http://linux.getdropbox.com/ubuntu intrepid main
deb-src http://linux.getdropbox.com/ubuntu intrepid main

ターミナルでnautilusを実行すると,Dropboxが右下のタスクバーに表示されますので,クリックするとアカウントの設定ができます.後はファイルの同期を待つだけです.

DropboxはWindows, Mac, Linux上でファイル共有とバージョン管理を自動で行ってくれるシステムです.オフライン時の作業もオンラインになったときに自動的に更新してくれます.今や私にとってはEvernoteと共に,なくてはならないツールになっています.Dropboxを使い慣れてからは,USBメモリやrsync/scpなど,今までファイルの移動や共有に使っていたものの使用頻度が減りました.Dropboxを見ると,Coda File Systemとかが妙に懐かしくなります.

Dropboxには,現在進行形のプロジェクトなどのファイルやインストーラーなど,手軽に複数台で共有したいファイルを置いています.Evernoteはこの類の管理には不向きです.テキストファイルをそのままで管理したり,他人と共有して編集したりといった状況が発生するからです.Dropbox上でファイルを更新すれば勝手に同期やバージョン管理をしてくれるので,セキュリティを気にしなくてよいファイルには最適な管理方法だと思います.まだ行ってはいませんが,暗号化して共有したいものは,pgp/gpgでサインをするくらいで良いのかもしれません.本当に漏れたらいけないものはそもそもこういうサービスに置こうと思わないでしょうし.

無料アカウントですと容量が2GBまでですが,動画などの大きいファイルを共有すると結構すぐに埋まってしまいます.実際,去年研究室の先輩方の結婚式2次会で扱うファイルが動画なども含めて全部Dropboxで管理・共有されていたため,自分のファイルを一旦退避させる必要がありました.そのため,容量を圧迫しないように,終了したプロジェクトのフォルダはDropbox管理下から外してアーカイブするようにしています.