初のEvernote本が出たというので買ってみました.結論から言うと,すでにEvernoteを使っている人には必要ない本だと思います.Evernoteそのものの使い方の本なので,今までEvernoteを知らなかった人や,インストールしたけど良く分からなくてそのまま放置してあるという人向けです.そういう方に手にとって頂いて,裾野が広がれば良いなと思います.

もう一つ, EvernoteハンドブックというのがPDFで販売されているようです.

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

私もこんな本を書いてみたかったと思うような,とても感覚に合う本でした.実際,紹介されている項目の多くはすでに私も実践している内容で,それほど目新しい内容ではありませんでした.どちらかというと,iPhoneを使うとこんなに便利になるんだよ,と他人に紹介したくなる本です.全ての情報をハンドヘルドデバイスに集約して日々持ち歩くというのは,Palmを使っていたときからのある種の夢でした.それがiPhoneというデバイスで当たり前のように可能となったことがとても感慨深いです.

本書は,ScanSnapやDropbox,Evernote,タスク管理など様々な手段によってiPhoneに情報を蓄積し,それをどう活用するかということについてまとめてあります.まず気になった項目は,07.裁断機です.以前 ScanSnap を購入する際には,複数の人に”裁断機もセットで”と薦められました.実際 ScanSnap で 電子化するのに慣れてくると,分厚い資料もぶった切って全部pdfとして取り込みたくなってきます.現在研究室にある裁断機は10枚も切れないので,何十枚も切れる裁断機が欲しくなってきます.問題は置き場所ですが.

23. Evernoteで人脈手帳というのは,名刺管理の発展としても面白いなと思いました.確かに名刺だけではなく,各人の写真やWebページのクリップなどを一人一ノートとしてまとめておくと,次に会うときに見直せて良いです.私は人の名前覚えるのが苦手なのでなおさらです.

29. Bluetoothヘッドセットについては,以前Twitterでも薦められたので気になっていました.数年前にSkype経由の電話会議用にと購入したことはあるのですが,結局有線のヘッドセットに落ち着いてしまいました.

iPhoneの電話機能は,とても静かな部屋でないとまともに使えません.外で使用すると相手に何度も聞き返されるし,相手の声もスピーカーモードにしてやっと聞き取れるくらいです.付属のヘッドフォンを使うと良いようなので,現在こちらから電話をかけるときにはそれを使うようにしています.しかし,私はインナータイプのヘッドフォンが好きではないので,できれば耳かけのbluetoothヘッドセットが欲しいなと思っていました.探したところ,SONY BT140Qが良さそうなので,注文してしまいました.使用感などについては手に入れてから書きたいと思います.

30-31.のiPhoneと紙の手帳の使い分けも気になるトピックです.以前書いたとおり私も紙の手帳を併用していますが,iPhoneでどこでもGoogle Calendar Syncができるようになってからは,スケジュールを手帳に書き写すのが少し面倒に思えてきました.海外出張が少ないことや,フリック入力に慣れてきたことも影響しています.紙が必要でなくなることはないのですが,もっとシンプルなものでも良いのかもしれません.ここらへんは考え中です.

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

iPhone 3GSを発売日にナンバーポータビリティで新規購入してから3ヶ月以上立ちました.それまでもiPod Touchは使っていたのですが,やはり常時ネットワークに繋がるというのは大きな違いでした.もうAU携帯には戻れないと思うほど依存した生活を送っています.キャリアがソフトバンクということで,AUよりも電波の届かないところが多いという印象ですが,概ねなんとかなっています.12月からは前々月に1000万パケット以上の通信をしたユーザに対して速度制限がかかるそうですが,その影響がどれくらいになるかですね.

ここらで一度,現在良く使っているお気に入りの iPhone App をまとめておきたいと思います.最初からインストールされているものは除外しています.

1. Twittelator

Twitter クライアントは大量にあるので全部は比較できていないのですが,現状では Twittelator が一番お気に入りです.高機能で,自分が必要だと思っているような機能は全てあります.個人的に素晴らしいとおもった点は複数アカウントを使い分けられて, identi.ca も使えることです.

最初はReplyなどの仕方がどうやれば良いのかわからなかったりしたのですが,押す場所さえ覚えれば快適に使えます.

2. RSS Flash g

Google Reader用のクライアントでは現状これを使っています.理由はTwitter,delicious,はてなブックマークに投稿できるからです.私は普段この2カ所に同時に Firefox Addon の Tombloo から投稿していますし,他の人にも興味がありそうと思ったものは Twitter に投稿します.問題は同時に送れないのでそれぞれ別に投稿しないといけないところですね.Twitter でも発言しましたが, Tombloo のような何かがあると嬉しいです.

最近Net News WireがGoogle Reader 対応になって,UI的にはそちらのほうが好みです.deliciousなどに投稿する必要がない人はそちらのほうが良いかもしれません.

3. Evernote

以前から書いている通り,私はEvernoteのファンです.昔のエントリではiPod Touchで書くよりも携帯からメールを送ったほうが手軽,と書きました.携帯を手放した今iPhoneで入力しなければいけないのでどうしようかと思っていましたが,フリック入力に慣れると結構速く入力できることがわかったので,そうしています.iPod Touchのときは,家などのWiFiのあるところで同期しないといけなかったので,よく最新のデータが外で見られないということが発生しましたが,iPhoneだといつでも同期できるのが大きいです.ScanSnapも手に入れたので,ますます手放せなくなりそうです.

4. JotNot

Evernoteを使っている人は是非JotNotを購入することをお薦めします.これはカメラで撮影したものをスキャンしてWordやPDFを作ってくれるシンプルなAppですが,秀逸なのはそれを1クリックでEvernoteに流し込めることです.Evernoteにも写真を画像で保存する機能はありますが,PDFで即座に保存したい場合,ScanSnapがなくても手軽にできます.

5. domo Todo+

EvernoteでGTDしているのですが,日付に関連付けられたTodoに関してうまい解決方法がありませんでした.デスクトップ上ではEvernoteのノートにチェックマークを付けたりしていたのですが,iPhone版のEvernoteではチェックできなかったりして不便です.Remember The Milk はTodo管理Webサービスの代表格であり,iPhone Appもあるのですが,Doneにしたものが見られなくなるというのが嫌なのと,Google Calendarとの連携がいまいちだったので途中で使うのをやめました.

iPhone上で使えて何かしらWeb サービスと連携を取れるTodo管理を探していたところ,様々なブログで誉められていたのがdomo Todo+でした.試したところ,現状ではこれで十分だと思いました.ポイントは,Google Calendarに専用のカレンダーを作成して共有できるようにしていることです.デスクトップ上からもGoogle Calendarを編集すればTodoの追加ができます.場所(Location)の部分にdomo Todo+用のタグが;区切りで入るようです.

最初,同期の仕方がわからなかったのですが,今日の日付部分を押すとできます.

6. Dropbox

これまでDropboxはiPhone側からはSafari経由で見るしかなかったのですが,最近App版が出ました.普段からDropboxを使っている人にとっては普通に便利です.pptやdoc,xlsも直接閲覧できます.

7. BB2C

最強2ch browser.

8. tumblr gear

Tumblr 最近使っていなかったので書くか迷ったのですが,tumblr gearはすごいです.Tumblr を使っていない人にはいまいち理解しにくいのですが,Tumblr を Blog のように使っている人を除いて,Tumblrで外に公開している情報というのは実はどうでも良いのです.ログインして見られるユーザのDashboardが全てです.tumblr gearはこのDashboardを実に使い易く操作可能にしてくれます.Desktop上のブラウザで見るよりも快適かもしれません.

tumble addict という同種のAppもありますが,個人的な趣味でtumblr gearを選びました.というか久しぶりにこれらを起動してTumblrをやってみたらやっぱり面白くてまたやろうと思いました.

9. 乗換案内

電車乗換の検索には乗換案内を使っています.出してくれる路線も変なことはありませんし,必須Appです.

10. weathernews

天気アプリには色々あるみたいですが,とりあえずWeathernews のAppを使っています.

11. RunKeeper Free

AUではAU Run&Walk というのがあったので使っていました.RunKeeperの無料版を試してみましたが,Google Mapを使って走った道を記録したり,平均時速なども履歴としてとってくれるので十分だと思います.Pro版だとインターバルを教えてくれたりiPod playlistの連携などもあるようですが,1,200円という値段の価値があるのかはわかりません.

12. StopWatch

その名の通りのAppですが,結構使います.

13. プレゼンテーションタイマー

ベル3回分の時間をセットできるので,発表練習などに便利です.

前から欲しいと思っていたのですが,とうとう ScanSnap S1500M を買いました.個人用のドキュメントスキャナとしてとても評価が高く,周りにも所有者が何人もいるようです.欲しいと思った一番のきっかけは,Evernote BlogのScan to Evernote: Fujitsu ScanSnapを読んだことです.Evernote愛好者として,この連携は羨ましくありました.

早速使ってみたところ,Evernoteとの連携は簡単に設定できました.設定→アプリ選択→追加と削除でEvernoteを指定すると,アプリケーションの選択に現れますので選択すればOKです.画質は一応エクセレントにしていますが,大量に取り込むときは画質を落としたほうが良いのかもしれません.また,検索がある程度できるようにテキスト認識の設定もできます.

問題はEvernoteの1ノートの容量制限が25MBなことです.大きなpdfファイルを取り込もうとすると失敗するので,その場合はAcrobatで分割して容量調節してから取り込むようにしています.また,Premiumアカウントの500MB/月でも容量が足りないです.

Snow Leopard用の環境設定ファイルが公開されているのですが,今のところこの設定なしでも使えています.ScanSnap Managerの「設定」の中で、「クイックメニュー」を有効、または「アプリ選択」を変更すると、問題が発生するとのことです.しかし,Evernoteの設定をしても使えています.

現在引出に埋まっていた書類などをどんどん取り込んでいますが,以前紹介した名刺管理の方法なども,見直そうと考えています.

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

Evernote APIのライブラリとサンプルはAPIのページからダウンロード可能です.サンプルはJava,Perl,PHP,Python,Rubyが用意されています.Rubyのサンプルはsample/ruby/EDAMTest.rbです.まず,EDAMTest.rbの13-16行目を,取得したAPI key,secret,開発サーバのユーザ名,パスワードで置き換えます.


consumerKey = "your-api-key-here!"
consumerSecret = "your-api-secret-here!"
username = "your-username"
password = "your-password"

次に,EDAMTest.rbの先頭にEvernote APIのライブラリのパスを追加します.


$:.unshift("../../lib/ruby/")

ライブラリにはバグがあるので以下のパッチを当てます.thriftのほうを直すべきだと思いますが,とりあえず動かすために.


--- lib/ruby/thrift/struct.rb.orig      2009-02-07 17:07:30.000000000 +0900
+++ lib/ruby/thrift/struct.rb   2009-02-08 09:40:56.000000000 +0900
@@ -97,11 +97,11 @@
         end
         iprot.read_struct_end
       end
-      validate
+#      validate
     end

     def write(oprot)
-      validate
+#      validate
       if oprot.respond_to?(:encode_binary)
         # TODO(kevinclark): Clean this so I don't have to access the transport.
         oprot.trans.write oprot.encode_binary(self)

--- lib/ruby/thrift/transport/httpclient.rb.orig        2009-02-08 09:46:12.000000000 +0900
+++ lib/ruby/thrift/transport/httpclient.rb     2009-02-08 09:46:53.000000000 +0900
@@ -19,6 +19,7 @@
     def flush
       http = Net::HTTP.new @url.host, @url.port
       http.use_ssl = @url.scheme == "https"
+      http.verify_mode = OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE
       headers = { 'Content-Type' => 'application/x-thrift' }
       resp, data = http.post(@url.path, @outbuf, headers)
       @inbuf = StringIO.new data

後は,残りの必要なライブラリをインストールします.Ubuntu8.10だと以下のように入力します.


$ sudo aptitude install libreadline-ruby libhttp-access2-ruby

ここまで設定すれば,ruby EDAMTest.rbと入力することでサンプルプログラムが起動すると思います.
入力した文章を新しいノートとして取り込むという単純なプログラムです.

Evernote は去年から開発者向けのAPIを提供しています.Evernote APIは,Facebookが開発したThriftで書かれています.Thriftは多言語間を接続するためのRPCフレームワークで,現在はApacheのプロジェクトとしてオープンソースとして公開されています.Thriftは現在C++,Java,Python,PHP,Ruby,Erlang,Perl,Haskel,C#,Cocoa,Smalltalk,OCaml用のコードを生成できるようです.Thriftを用いることで,資源管理をC++,並列処理をErlangといったように,得意な分野ごとに言語を分けるといったことが可能になります.Thriftについては,CyDN – フレームワーク 「 Thrift 」 調査報告Kansai.pm#10 での発表資料 (Thrift について)が参考になります.

Evernote APIを使うためには,まず初めにAPI Keyの申請を行う必要があります.その際に,どのようなアプリケーションを作りたいかをコメント欄に書きます.私はコマンドラインツールを作りたいという旨を書きました.問題なければ,API keyを送ってくれるはずです.API keyは,開発用のサーバのみで使えます.運用サーバでも有効にするには,開発後に別途申請が必要のようです.開発用サーバは,機能は運用サーバと同等ですが,バックアップされておらず,処理も限定的だそうです.開発サーバを使うためには,別途アカウントを作成する必要があります.複数アカウントを作成することもできます.

以下のリストはAPIの資料です.次のエントリで,Rubyでの開発について書きます.

Evernoteを使っているとキーボードで操作したくなるときがあるのですが,Windows版のキーボードショートカットとENScript.exe
というコマンドライン用のツールついてまとめているブログがありましたので,備忘録として書いておきます.Mac版だとAppleScriptで操作できるみたいですね.

昨日 Evernote APIのDevelopers keyを取得したのですが,それはまさにLinux用のコマンドラインツールを作りたいからでした.暇を見て作りたいと思います.

evernote-ubuntuWineHQのEvernoteの項目にはある程度動くと書かれているので,前から試してみたいと思っていましたので,今回やってみました.結論から言うと,日本語表示・入力共に可能ですが,速度が実用的ではないです.今動かしているマシンはCore 2 Duo E8500+4GB memoryですが,動作がもっさりしています.

まず,最新のWineをインストールします.WineHQにはUbuntu8.10用のapt lineが用意されていますので,/etc/apt/sources.listに以下の行を追加します.


deb http://wine.budgetdedicated.com/apt intrepid main 

次に,aptのための公開鍵を取得し,Synaptic Package Managerの認証/AuthenticationからImportします.その後にwineをインストールすればOKです.wineのバージョンは1.1.13~winehq0~ubuntu~8.10-0ubuntu1でした.

この状態でEvernoteのWindows用インストーラをダウンロードし,ダウンロードしたディレクトリで$ wine Everenoteとコマンド打つと,インストールが始まります.特別な要求がなければデフォルト設定で大丈夫です.インストール終了後,$ wine "C:\Program Files\Evernote\Evernote3\Evernote"と入力することで起動できます.

しかしこの状態では日本語が表示できません.そこでWineLocaleをインストールします.詳しい説明はHOWTO: CJK in Wine (Chinese, Japanese & Korean) – Ubuntu Forumsに書かれていますが,既に日本語環境が設定されている場合はwinelocaleの設定だけ行えば使えます.まず,winelocaleよりwineloc-0.41.tar.gzを取得し,インストールします.


$ wget http://www.cinnamonpirate.com/pub/software/sh/wineloc-0.41.tar.gz
$ tar xvzf wineloc-0.41.tar.gz
$ cd wineloc-0.41
$ ./install

デフォルトの設定でEvernoteをインストールした場合,その実行ファイルはHOMEディレクトリの.wineの中にインストールされているはずです.そのため,以下のようなコマンドを入力することで,日本語表示可能なEvernoteが起動できます./home/userの部分を環境に合わせて変更してください./p>


$ wineloc -l ja_JP -f common
    /home/user/.wine/drive_c/Program Files/Evernote/Evernote3/Evernote.exe

日本語入力に関しては,SCIMを使っている限りでは何も設定なしで使えました.これはXIMなどの場合は問題になるかもしれません

また,winelocの作者が最近Google Codeにソースを移して開発を再開しているのですが,何故か日本語の設定が削られていたので動きませんでした.問題がわかればコミットしようと思います.

スケジュール管理についてはGoogle Calendarを主に使用しています.Evernote上のGTDからも,日時が関わる情報があった場合はGoogle Calendarに入れていきます.Google Calendarを使用している一番の理由は,夫婦で手軽にスケジュール共有が可能だからです.Googleアカウントに対するアクセスコントロールが色々設定できるので,夫婦間の情報共有にはとても向いています.また,IT勉強会カレンダーや,アメリカ・フランスの祝日など,他者が公開している様々な共有カレンダーをまとめて表示することができることも大きいです.

Continue reading