ReVIEWで触れたbookshopについて.bookshopは独自の形式ではなくて,HTML+CSS+JSで書いたものをpdfやepubにできるようにしようというツールです.

bookshopもrubyベースで,gemがあります.

$ gem install bookshop

新しく本のプロジェクトを作るのは以下のコマンドです.

$ bookshop create book_name

生成されたプロジェクトにサンプルが入っているのですが,それを見るとHTMLと言っている部分は,実際にはERBのようです.

pdfやepubを作成するには,プロジェクトのトップで以下のようにします.

$ bookshop build pdf
$ bookshop build epub

bookshopでpdf等を作るためには,PrinceXMLを予めインストールしておく必要があります.しかし,これは非営利利用限定で無料で使えるもので,営利の場合は別途ライセンスを購入する必要があります.

ワンソース・マルチユース的なツールは好きで,昔原稿書きにはHTMLとLaTeXを同時に吐けるSmartDocを使っていました.しかし,もう全然更新されておらず,今時epubも作って欲しいということで,最低限HTMLとpdfとepubを作れるツールがないかと調べたところ,以下の3つが候補に挙がりました.

  1. DocBook
  2. ReVIEW
  3. bookshop

この中でまずReVIEWを試しました.ReVIEWは達人出版会とかオライリー・ジャパンでも使われているそうなので苦労しなさそうかなと (ソース1, ソース2).

ReVIEWはrubyでできていてgemもあるので,インストールは簡単です.

$ gem install review

最新を使いたければhttps://github.com/kmuto/review.gitを入れればOK.

達人出版会の高橋さんがreviewのサンプルをgithubに置いてくれているので,それを使ってテストします.

$ git clone https://github.com/takahashim/review-sample-book.git
$ cd review-sample-book/src
$ review-epubmaker config.yml

問題なければこれでbook.epubができます.pdfの作り方は以下の通り.

$ review-pdfmaker config.yml

但し,review-pdfmaker/epubmakerを連続でやろうとするとbookという作業ディレクトリが残っていて駄目と言われるので,毎回bookディレクトリを削除する必要があります.何かオプションとかあるのかもしれません.

嵌った点として,ReVIEWのpdfはLaTeX経由で作られるのですが,MacPortsから入れていたplatex-utf8ではdvipdfmxできませんでした.LionでビルドしたLaTeX環境だと,jpg画像を含んだdviをpdfにできないという既知のバグがあるそうで...SnowLeopardでビルドした環境ならOKらしい.いつも画像はepsしか使っていなかったので気づきませんでした.

どうせなのでtwitterで話題になっていたTeXLiveのMac版であるMacTeXでLaTeX環境を作りました.作業手順は”MacTeX 2011 で日本語“に書かれている通りに実行するだけで大丈夫でした.

ReVIEWフォーマットはASCIIのEWBをベースに拡張したものだそうです.

Webを支える技術 – HTTP、URI、HTML、そしてREST

Amazonで予約して購入していたのですが,やっと読みました.Webアーキテクチャや基礎技術についてのとても良い教科書だと思います.去年まで3年ほど分散情報システム構成法という講義を何人かで担当していましたが,この講義の最初の数回分の教科書として使えます.

15-17章の郵便番号検索サービスはcontent-negotiationでRDFも返してくれると嬉しいなと思いましたが無理ですかね?ここでも読み仮名語彙問題はでてくるのですが.

後,この本読んだ後にはArchitecture of the World Wide Web, Volume Oneを読むのがお勧めです.

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。