「言語技術」が日本のサッカーを変える

外国語で発想するための日本語レッスン“の関連本です.ここでは”テクストの分析と解釈・批判”を単に”言語技術”としています.言語技術は,言い換えると論理的思考とコミュニケーション力です.欧州では,他の様々な分野でも言語技術が基礎となっていることを,サッカーのエリート教育を例にして紹介しています.

また,日本でどのようにサッカーに言語技術を取り入れていこうとしているかを,S級ライセンスの改革と,JFAアカデミーというエリート教育についての紹介を通して説明しています.

私はこの手のサッカー本は好きなのでたまに読みます.内容は確かに日本に足りないことの一つだと思うので興味深かったです.私も小学生のときはサッカー少年でしたが,一つ一つの動作に対して説明できるほど意味を考えながらプレーをしてはいませんでした.

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。