ワンソース・マルチユース的なツールは好きで,昔原稿書きにはHTMLとLaTeXを同時に吐けるSmartDocを使っていました.しかし,もう全然更新されておらず,今時epubも作って欲しいということで,最低限HTMLとpdfとepubを作れるツールがないかと調べたところ,以下の3つが候補に挙がりました.

  1. DocBook
  2. ReVIEW
  3. bookshop

この中でまずReVIEWを試しました.ReVIEWは達人出版会とかオライリー・ジャパンでも使われているそうなので苦労しなさそうかなと (ソース1, ソース2).

ReVIEWはrubyでできていてgemもあるので,インストールは簡単です.

$ gem install review

最新を使いたければhttps://github.com/kmuto/review.gitを入れればOK.

達人出版会の高橋さんがreviewのサンプルをgithubに置いてくれているので,それを使ってテストします.

$ git clone https://github.com/takahashim/review-sample-book.git
$ cd review-sample-book/src
$ review-epubmaker config.yml

問題なければこれでbook.epubができます.pdfの作り方は以下の通り.

$ review-pdfmaker config.yml

但し,review-pdfmaker/epubmakerを連続でやろうとするとbookという作業ディレクトリが残っていて駄目と言われるので,毎回bookディレクトリを削除する必要があります.何かオプションとかあるのかもしれません.

嵌った点として,ReVIEWのpdfはLaTeX経由で作られるのですが,MacPortsから入れていたplatex-utf8ではdvipdfmxできませんでした.LionでビルドしたLaTeX環境だと,jpg画像を含んだdviをpdfにできないという既知のバグがあるそうで...SnowLeopardでビルドした環境ならOKらしい.いつも画像はepsしか使っていなかったので気づきませんでした.

どうせなのでtwitterで話題になっていたTeXLiveのMac版であるMacTeXでLaTeX環境を作りました.作業手順は”MacTeX 2011 で日本語“に書かれている通りに実行するだけで大丈夫でした.

ReVIEWフォーマットはASCIIのEWBをベースに拡張したものだそうです.

SONY DR-BT140Qを先週から使用していますが,これは便利.買って正解です.2004-5年くらいに,Skypeからの電話会議用にと,Bluetooth headsetを試したことがありましたが,その時はWiFiとの干渉からか,結構雑音が入るという印象でした.しかし今回はそんなことはなく,普通に会話ができます.マイクがヘッドセットの外側に付いているのですが,それでも声をきちんと拾ってくれます.カフェで隣の人達が雑談しているくらいでも問題ないようです.混雑したところでは試していません.

iPhone と MacBook両方ペアリングしてみましたが,両方BluetoothがONになっていると,どちらに接続するか指定できずに先に捕まえたほうに接続するようです.そのため,普段はiPhoneのBluetoothをON,MacBookのBluetoothをOFFにしておき,MacBookのほうを使いたいときにはON/OFFを逆にするという使い方が良さそうです.

ヘッドセットからの操作は,MacBook,iPhone共に,再生・一時停止・停止・音量変更が可能です.MacBookでは曲戻し・曲送りも可能です.また,マルチファンクションボタン (MFB) から,Voiceコントロールの呼び出しやリダイヤル,着信応答,通話終了などの操作ができます.しかし,Voiceコントロールを試してみたのですが,電話番号を話しても数桁しか認識されなかったり,名前を呼んでも誤認識されたりと,残念ながら上手く操作できませんでした.

参考記事

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

以前Evernoteで名刺管理というのを書きましたが,未だに名刺管理については悩んでいます.ScanSnap の Mac 版には CardMinder という名刺管理ソフトウェアが付属していますので,試してみました.

日本人名刺の認識は結構まともで,名刺のレイアウトが一般的でないものでも,携帯電話番号は携帯電話の項目にいれてくれたりするようです.細かい誤認識は結構あるので,確認しながら修正するのに結構手間がかかりましたが,全部入力するよりは明らかに楽です.それに対して外国人の名刺には,英語の認識がないので余り役に立ちませんでした.一番困った名刺が中国人の名刺で,中途半端に日本語の漢字にしてくれたりするので,結局英語で入れ直したりしました.

CardMinder の特徴として,Macのアドレスブックとの同期機能があります.最初はCardMinderとアドレスブック間での重複が発生しましたが,重複を解消した後は綺麗に同期できるようになりました.アドレスブックは iPhone の連絡先とiTunes経由で同期できるので,取り込んだ名刺データをiPhoneで使うことができるようになりました.

iPhoneの連絡先は最初から氏名50音順+アルファベット順になっていて,右のインデックスをなぞると各行に移動できるので,使い易いです.もちろん検索もできます.しかしMacのアドレスブックは,カードの並び順がバラバラのままで並び替えできないため,大変使いにくいです.Appleはおそらく検索(+スマートグループ)で使ってもらうことを想定しているのだと思いますが,これをそのまま使いたいとは思わないですね.

また,CardMinderで取り込んだ名刺の画像をiPhotoに書き出すこともできます.これを利用すると,名刺の画像をiPhoneで一覧することができます.私は試しにiPhotoに”名刺”というアルバムを作り,そこにCardMinderからiPhotoへ書き出した名刺画像をまとめて,iTunes経由で同期してみました.iPhoneの写真で見てみると,画面サイズが名刺より少し小さい程度なので,綺麗にみることができます.但し検索はできないので,名刺が大量に入っていると目的の名刺を探すのが困難でした.実用性はあまりないかもしれません.

DropboxはWindows, Mac, Linux上でファイル共有とバージョン管理を自動で行ってくれるシステムです.オフライン時の作業もオンラインになったときに自動的に更新してくれます.今や私にとってはEvernoteと共に,なくてはならないツールになっています.Dropboxを使い慣れてからは,USBメモリやrsync/scpなど,今までファイルの移動や共有に使っていたものの使用頻度が減りました.Dropboxを見ると,Coda File Systemとかが妙に懐かしくなります.

Dropboxには,現在進行形のプロジェクトなどのファイルやインストーラーなど,手軽に複数台で共有したいファイルを置いています.Evernoteはこの類の管理には不向きです.テキストファイルをそのままで管理したり,他人と共有して編集したりといった状況が発生するからです.Dropbox上でファイルを更新すれば勝手に同期やバージョン管理をしてくれるので,セキュリティを気にしなくてよいファイルには最適な管理方法だと思います.まだ行ってはいませんが,暗号化して共有したいものは,pgp/gpgでサインをするくらいで良いのかもしれません.本当に漏れたらいけないものはそもそもこういうサービスに置こうと思わないでしょうし.

無料アカウントですと容量が2GBまでですが,動画などの大きいファイルを共有すると結構すぐに埋まってしまいます.実際,去年研究室の先輩方の結婚式2次会で扱うファイルが動画なども含めて全部Dropboxで管理・共有されていたため,自分のファイルを一旦退避させる必要がありました.そのため,容量を圧迫しないように,終了したプロジェクトのフォルダはDropbox管理下から外してアーカイブするようにしています.

知的労働者にとって,メモ管理は悩ましい問題です.私はアイデアや文章の断片などの情報を日々記録するようにしていますが,複数台のパソコンで作業したり,手帳に書いたりもするので,意識して管理しないと分散してしまいます,そして,しばらくするとどこに何を書いたかを忘れてしまうのです.

メモ管理用のシステムとして,Palm+Windows/Linux用デスクトップクライアント,Wikiなど,様々な方法を試みましたが,結局サーバ上のEmacsでChangeLog memoやhowmを使い,リモートで作業するという古いスタイルに落ち着いていました.出張が多くなってからはオフラインでも作業をする必要があったので,howmディレクトリを適宜サーバーへrsyncするという方法に変えましたが,rsyncは行うのを忘れやすく,また,複数台で作業しているとどれが最新なのかわからなくなって困るという事態が度々起こりました.

この状況を解決してくれたのがEvernoteです.Evernoteには以下の特徴があります.

  • Webベース
  • 様々な環境用のクライアント (Windows,Mac,iPhone/iPod Touch, Windows Mobile)
  • オフライン操作と同期処理
  • データ取り込み
    • Webページ
    • メール
    • スクリーンショット
    • カメラ
  • 全文検索
  • ファイル添付(無料版は画像,音声,pdfのみ)
  • 暗号化

私は現在ほとんどのメモをEvernoteに入れています.howmで管理していたデータは全て変換してEvernoteに取り込みました.取っておきたいWebページ,メールやPDFなども全部Evernoteに入れています.取り込んだものは全文検索することができますが,これの秀逸な点は画像内の英字も検索できることです.

Evernoteには専用のメールアドレスに送るとノートとして取り込める機能がありますので,歩きながら考えていたことやちょっとしたメモは携帯電話からEvernote宛にメールを送っています.iPod touchで書くという選択肢もあるのですが,今のところ携帯から送るのが自分にとって一番手軽です.

Evernote for Windows左の画像はWindowsクライアントのNotebooks一覧です.はじめてのGTD ストレスフリーの整理術でGTDについて触れましたが,私はGTDをEvernoteで行っています.GTDの第一段階”収集”の部分をすでにEvernoteで行っているからです.取り込んだ情報やメモはまず全部1. Inboxに入ります.毎日1回はinboxの処理をし,2-5の対応する段階に整理します.GTDにおける資料(Reference)はノートの蓄積と同義だと思っているので,fumi’s notebook (Evernoteに最初からあるフォルダ)を代わりに使っています.また,howmフォルダはhowmから取り込んだものが入っています.タグ付けなどの整理を行っていないままなので,fumi’s notebookとは別にしてあります.後,取り込んだpdfはpdfフォルダに入れています.これはfumi’s notebookに統合しても良いのかもしれません.

今後Evernote上で行いたいこととしては以下の2点があります.

  1. 名刺管理
  2. 紙書類管理

まだ実践していないですが,名刺管理もEvernoteにまかせたいと考えています.EvernoteにはiSight NoteというMacbookのカメラで撮影した画像をそのまま記録する機能がありますので,名刺を全部撮影して取り込めば良いのではないかと.最近の名刺は英語と日本語両方書いてあるのが一般的になっているので,画像検索が有効に使えそうです.また,議事録などの紙文書の束を全部PDFにしてEvernoteに取り込みたいとも思っています.

ところで,PomeraとEvernoteがうまく連動できると物書きにはとても良いのではないかと想像しているのですが、どうなんでしょう。まだPomeraの実物を見たことないのです.