サッカー関係の本は好きなので結構読むのですが,この本は面白いです.FCバルセロナは去年12月にFIFAクラブワールドカップ2009に優勝し,現在のリーガエスパニョーラでも首位と,現在最も勢いのある世界有数のビッククラブです.しかし,2002年頃には大幅な赤字(7300万ユーロ)で経営難に直面していました.それをどうやって2003年に黒字に戻し,2008年には収益を2002年と比べて3倍以上にしたのかが述べられています.

当時からトップの収益を誇るマンチェスターユナイテッドから学べるところを全部学んだ上で,独自の理念・戦略を考え,それをどうやってチーム全体に根付かせたかというのを,マネージメント,リーダーシップ,マーケティング,育成,交渉など様々な側面から触れています.この経営改革によって,現在FCバルセロナは一つのグローバル企業のような存在になっています.スペインの一サッカークラブが日本語のサイトを持っているというのは凄いですよね.アラビア語のサイトもあります.また,日本人もソシオ(サポーター)になることができますし,会長選挙の投票権など運営に関わる権利もスペイン人と同様に与えられます.投票は現地にいかないといけないですが.

マネージメントやサッカー,スポーツビジネスに興味がある人には是非読んで見ると良いのではないでしょうか.特にサカつくとか好きな人にはお薦めです.

また,”史上最強バルセロナ 世界最高の育成メソッド”も一緒にお薦めです.こちらはバルセロナのカンテラ(下部組織)でどうやって若手を育成してきたのかということが書かれています.現在のトップチームの半分がカンテラ出身というのは,偶然ではないというのがわかります.

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。