私もこんな本を書いてみたかったと思うような,とても感覚に合う本でした.実際,紹介されている項目の多くはすでに私も実践している内容で,それほど目新しい内容ではありませんでした.どちらかというと,iPhoneを使うとこんなに便利になるんだよ,と他人に紹介したくなる本です.全ての情報をハンドヘルドデバイスに集約して日々持ち歩くというのは,Palmを使っていたときからのある種の夢でした.それがiPhoneというデバイスで当たり前のように可能となったことがとても感慨深いです.

本書は,ScanSnapやDropbox,Evernote,タスク管理など様々な手段によってiPhoneに情報を蓄積し,それをどう活用するかということについてまとめてあります.まず気になった項目は,07.裁断機です.以前 ScanSnap を購入する際には,複数の人に”裁断機もセットで”と薦められました.実際 ScanSnap で 電子化するのに慣れてくると,分厚い資料もぶった切って全部pdfとして取り込みたくなってきます.現在研究室にある裁断機は10枚も切れないので,何十枚も切れる裁断機が欲しくなってきます.問題は置き場所ですが.

23. Evernoteで人脈手帳というのは,名刺管理の発展としても面白いなと思いました.確かに名刺だけではなく,各人の写真やWebページのクリップなどを一人一ノートとしてまとめておくと,次に会うときに見直せて良いです.私は人の名前覚えるのが苦手なのでなおさらです.

29. Bluetoothヘッドセットについては,以前Twitterでも薦められたので気になっていました.数年前にSkype経由の電話会議用にと購入したことはあるのですが,結局有線のヘッドセットに落ち着いてしまいました.

iPhoneの電話機能は,とても静かな部屋でないとまともに使えません.外で使用すると相手に何度も聞き返されるし,相手の声もスピーカーモードにしてやっと聞き取れるくらいです.付属のヘッドフォンを使うと良いようなので,現在こちらから電話をかけるときにはそれを使うようにしています.しかし,私はインナータイプのヘッドフォンが好きではないので,できれば耳かけのbluetoothヘッドセットが欲しいなと思っていました.探したところ,SONY BT140Qが良さそうなので,注文してしまいました.使用感などについては手に入れてから書きたいと思います.

30-31.のiPhoneと紙の手帳の使い分けも気になるトピックです.以前書いたとおり私も紙の手帳を併用していますが,iPhoneでどこでもGoogle Calendar Syncができるようになってからは,スケジュールを手帳に書き写すのが少し面倒に思えてきました.海外出張が少ないことや,フリック入力に慣れてきたことも影響しています.紙が必要でなくなることはないのですが,もっとシンプルなものでも良いのかもしれません.ここらへんは考え中です.

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

以前Evernoteで名刺管理というのを書きましたが,未だに名刺管理については悩んでいます.ScanSnap の Mac 版には CardMinder という名刺管理ソフトウェアが付属していますので,試してみました.

日本人名刺の認識は結構まともで,名刺のレイアウトが一般的でないものでも,携帯電話番号は携帯電話の項目にいれてくれたりするようです.細かい誤認識は結構あるので,確認しながら修正するのに結構手間がかかりましたが,全部入力するよりは明らかに楽です.それに対して外国人の名刺には,英語の認識がないので余り役に立ちませんでした.一番困った名刺が中国人の名刺で,中途半端に日本語の漢字にしてくれたりするので,結局英語で入れ直したりしました.

CardMinder の特徴として,Macのアドレスブックとの同期機能があります.最初はCardMinderとアドレスブック間での重複が発生しましたが,重複を解消した後は綺麗に同期できるようになりました.アドレスブックは iPhone の連絡先とiTunes経由で同期できるので,取り込んだ名刺データをiPhoneで使うことができるようになりました.

iPhoneの連絡先は最初から氏名50音順+アルファベット順になっていて,右のインデックスをなぞると各行に移動できるので,使い易いです.もちろん検索もできます.しかしMacのアドレスブックは,カードの並び順がバラバラのままで並び替えできないため,大変使いにくいです.Appleはおそらく検索(+スマートグループ)で使ってもらうことを想定しているのだと思いますが,これをそのまま使いたいとは思わないですね.

また,CardMinderで取り込んだ名刺の画像をiPhotoに書き出すこともできます.これを利用すると,名刺の画像をiPhoneで一覧することができます.私は試しにiPhotoに”名刺”というアルバムを作り,そこにCardMinderからiPhotoへ書き出した名刺画像をまとめて,iTunes経由で同期してみました.iPhoneの写真で見てみると,画面サイズが名刺より少し小さい程度なので,綺麗にみることができます.但し検索はできないので,名刺が大量に入っていると目的の名刺を探すのが困難でした.実用性はあまりないかもしれません.