次はRubyRDFです.特徴は以下の通りです.

  • Store: Memory, Sesami
  • Query: 独自の構文

特定のフォーマットの入出力には対応しておらず,メモリ上(またはSesami)でグラフを作り,それに対して独自のクエリを投げられるだけのようです.また,残念ながら開発が止まっており,かつRuby1.8.xでしか動きません.Ruby1.9.1では駄目でした.メリットが何もないので少し試しただけで止めました.

使い方

gemから入れます.


$ gem install rubyrdf

とりあえず試すには以下のコード(ほぼサンプルのまま)を入れれば良いです.


#!/usr/bin/ruby

require 'rubygems'
require 'rubyrdf'

RDF::Namespace.register(:dc, "http://purl.org/dc/elements/1.1/")
g = RDF::Graph::Memory.new
g.add(RDF::UriNode.new("http://paul.stadig.name/"), DC::author,  
         g.new_blank_node("test"))

q = RDF::Query.new
q.select(:x, :y).where(:x, DC::author, :y)
result = g.execute(q)
result.bindings.each do |b|
  puts "x = #{b[:x]}"
  puts "y = #{b[:y]}"
end