朝5:00起きで6:00出発。やっぱり下痢。泣けてくる。岡田さんに正露丸をもらいつつ、とりあえずシンガポールのチェンギ空港へ向かう。この空港では802.11bが使用可能であることを聞いたのでさっそく試してみたところ、DHCPをとれるところまでいったけど、電波が弱いのか、シンガポールポリティクスのページさえ見ることができなかった。せっかくメールを取りこもうと思っていたのに。

飛行機に乗ること6時間ほどで成田に着いた。やっと日本だよ。でも、2日後には台湾に4日間飛ぶんだよね。もうその後は学校なんだよなぁ。9月あっという間にすぎそうだ。

空港でジャンプ、マガジン、サンデーを買いこみ、電車の中で読む。勝手に改蔵、またまたやってくれた。Byあきかんって。本当に勝手に改蔵というのは端っこを読む漫画なんだなぁと思う。下痢はもうなおってるみたい。

朝、目が覚めると同時に下痢。おいおい。さらに途中から熱も。飯島さんに正露丸をもらう。これ初めて飲んだけど、ものすごく良く効く。
すごい。

というわけで、今日4つ訪問したはずなんだけど内容あんまり覚えてないっす。一番最初の国際情報化なんたらセンターは僕がレポート担当だったんだが、途中トイレ行くために抜けてしまったからなぁ。ホテル近くのCD屋で、EnigmaのCD4枚とも全部買う。一枚1200円くらい。

今日は3個所訪問。時間的にかなり厳しいスケジュールっす。最初は急拠行くことになったMDC(Multimedia Development Corporation)。会談した副社長の人は慶應出身で、さらに政治家らしい。なんていうか、マレーシアは政府がインターネットやマルチメディア政策を全面的に押し出して、さらに実践しています。

次にMMU(MultiMedia Universityの略であって、Memory Management Unitではないっす)を見学。ここはCGやDigital Animationに特に力を入れているみたい。この大学では802.11bが使えることが発覚したのだけれど、メールを取りこむ最中に出発の時刻の関係で時間切れ。やはりネットワークが細いよう。

最後にマレーシア大学へ。ターバンを被っている先生を初めてみた。コンピュータルームでは生徒がCのプログラムを書いていたけど、
EditorがなんだかDOSのEditコマンドに似たものを使っていた。というより、あれはそのものなのでは・・・。クライアントOSは全部Windowsだったのだが、いま思えば、もしかしてインストールされていたTurbo C++がああいうインターフェースなんだろか。

そのままマレーシアの空港へ行って、シンガポールに飛ぶ。45分ってのは短かい。ホテルに着いたあと、服部先生、遠山さん、田中さんと飯を食いにいこうとする。最初、ニョニャ料理とかいう割とシンガポール料理と言えるものらしい料理を食べに行こうとしたけど、店がもう閉まってた。しょうがないので、クアール キーとかいう屋台街に行く。生演奏のBarがたくさんあった。とりあえず、船の上の店で食事を取る。BBQ Sotong(イカのバーベキュー焼き)は割とおいしかったけど、料理が全体的に辛いものばかり。辛いものがダメな人はアジアで旅行ができなさそう。食べ終ったあと、みなと分かれて、屋台のほうへ。シンガポールは水も果物も大丈夫と聞いたので、グァバの生ジュースを飲む。うめぇ。