evernote-ubuntuWineHQのEvernoteの項目にはある程度動くと書かれているので,前から試してみたいと思っていましたので,今回やってみました.結論から言うと,日本語表示・入力共に可能ですが,速度が実用的ではないです.今動かしているマシンはCore 2 Duo E8500+4GB memoryですが,動作がもっさりしています.

まず,最新のWineをインストールします.WineHQにはUbuntu8.10用のapt lineが用意されていますので,/etc/apt/sources.listに以下の行を追加します.


deb http://wine.budgetdedicated.com/apt intrepid main 

次に,aptのための公開鍵を取得し,Synaptic Package Managerの認証/AuthenticationからImportします.その後にwineをインストールすればOKです.wineのバージョンは1.1.13~winehq0~ubuntu~8.10-0ubuntu1でした.

この状態でEvernoteのWindows用インストーラをダウンロードし,ダウンロードしたディレクトリで$ wine Everenoteとコマンド打つと,インストールが始まります.特別な要求がなければデフォルト設定で大丈夫です.インストール終了後,$ wine "C:\Program Files\Evernote\Evernote3\Evernote"と入力することで起動できます.

しかしこの状態では日本語が表示できません.そこでWineLocaleをインストールします.詳しい説明はHOWTO: CJK in Wine (Chinese, Japanese & Korean) – Ubuntu Forumsに書かれていますが,既に日本語環境が設定されている場合はwinelocaleの設定だけ行えば使えます.まず,winelocaleよりwineloc-0.41.tar.gzを取得し,インストールします.


$ wget http://www.cinnamonpirate.com/pub/software/sh/wineloc-0.41.tar.gz
$ tar xvzf wineloc-0.41.tar.gz
$ cd wineloc-0.41
$ ./install

デフォルトの設定でEvernoteをインストールした場合,その実行ファイルはHOMEディレクトリの.wineの中にインストールされているはずです.そのため,以下のようなコマンドを入力することで,日本語表示可能なEvernoteが起動できます./home/userの部分を環境に合わせて変更してください./p>


$ wineloc -l ja_JP -f common
    /home/user/.wine/drive_c/Program Files/Evernote/Evernote3/Evernote.exe

日本語入力に関しては,SCIMを使っている限りでは何も設定なしで使えました.これはXIMなどの場合は問題になるかもしれません

また,winelocの作者が最近Google Codeにソースを移して開発を再開しているのですが,何故か日本語の設定が削られていたので動きませんでした.問題がわかればコミットしようと思います.

新しい描画オブジェクトというのを作らないとコネクタとかが使えない.というか,バージョンあがって,さらにWord使いにくくなってるな.なんでWord使わなきゃいけねーんだ.

なんか、ftp.netbsd.orgで、昨日公開されたらしい。なんで入れたばっかりのときに・・・。まだftp.jp.netbsd.orgにはミラーされていないみたいね。結局、誘惑にまけて研究室のPCをNetBSD 1.5-BETAだけにする。Linux消した。もー、いくつも設定するの面倒だから。同じことやりたいのに、どれも微妙に設定違ってて混乱するし。

研究室で先週インストールしたNetBSD1.5alpha2のセットアップを行う。NISは引けるようになったんだけど、AMDがうまく動かん。
どうすれば良いのだーーー。NetBSDって、LinuxやFreeBSDに比べて情報が少なすぎ&古すぎ。いや、OpenBSDはもっと少ないんだろうけど。